2010全日本模型ホビーショー【ハセガワ マイザー ランナー編】
今回は、全日本模型ホビーショーにて展示されていたマイザーのランナー画像をお送りします。
発売までの約2ヶ月、じ~っくりと眺めて、どの部品がどう組みあがっていくのか妄想想像してみてはいかがでしょうか。
e0132476_161041.jpg
e0132476_16101444.jpg




e0132476_16103317.jpg
■ランナーE、F
腕部、脚部のパーツ中心で構成されているようです。
製品版では2枚になるかと。
e0132476_16131373.jpg
■ランナーG、H、M
ランナーHは肩~上腕パーツ中心、ランナーGでは腰部の水色のパーツが確認できます。フェイスも確認できますね。Vディスク中心部が開口されている点に注目!
そして、ランナーMはレブナント先端部のパーツかと思われますが、きちんと別ランナーになっています。今後のバリエーション展開も大いに期待できますね。
e0132476_16191346.jpg
■ランナーZ
クリアパーツです。マイザーでは、テムジンの時にはクリアパーツ化されなかったスタビライザーのセンサーもクリアパーツ化されているのがポイントでしょうか。また、腰部のセンサーは裏面にモールドが入っているのが確認できます。フェイ・イェンのときにはのっぺりしていただけに、嬉しい改善点!
e0132476_1623681.jpg
■ランナーN、V
レブナントランナーですね。勝利ポーズ用左手が付いてきます。
e0132476_16251963.jpg
■ランナーI
各部のグレー部品から構成されています。脚部のパーツは簡易フレームと言った感じのものになりそうですね。レブナントの持ち手は基部と一体化しているようです。
e0132476_16284021.jpg
■ランナーJ
胴体フレーム、拳や首パーツ等。首は変形用の短いものが付属します。
e0132476_16304060.jpg
■ランナーK
またまたグレー部品。細かいパーツが多く、パッと見ではどこの部品か分かりません。
e0132476_16333320.jpg
■ランナーY、POM部品
ポリキャップもかなりの数ですが、注目はPOM部品。フェイ・イェンでは肘関節のみ、ガラヤカでは肩や肘、脚部に使われていたPOMですが、マイザーでは可動・変形ギミックのためPOM部品が多用されています。塗装ができないPOMですが、その多くが完成後は隠れる箇所に使われるのではないかと思われます。
e0132476_16385056.jpg
■ランナーC、D、B2、?
左下のランナーは文字が判読不能ですが、レブナントのランナーなのでB1あたりでしょうか。C、Dランナーはパープルの部品となります。脚部は脹脛以外、ほとんど合わせ目が出る箇所はなさそうです。
e0132476_16422494.jpg
■ランナーB1
こちらがB1ランナーでした。肩部のパーツのシャープさ・・・切り離し時、組み立て時ともに注意が必要ですね!
e0132476_1644326.jpg
■ランナーA
こちらのランナーも指に刺さりまくりそうなほどのシャープな部品が数々見えます!部品の配置の仕方が美しい・・・。中央には頭部の部品も確認できますが、タイプRも頭頂部は一般機と共通でしたっけ・・・?


以上、【ランナー編】でした。
さすがはパーツ数500超ということで、ランナー数も多くなっています。パーツ毎の色分けもかなりされているのが分かりますね。実際には2枚付くランナーもあるはずなので・・・想像しただけでも、組み立て時の期待感が増してきます。
なにより、フェイVHやガラヤカの製作ですら長期間を必要としている私にマイザーを完成させることができるのか・・・!?

次回はマイザー編のラストとなる【澤田さんとの対話編】をお送りします!
[PR]
by ramu-ru | 2010-10-24 16:43 | 2010全日本模型ホビーショー | Comments(0)


<< 2010全日本模型ホビーショー... 2010全日本模型ホビーショー... >>