マイザー・デルタ(ハセガワ) 001 ~仮組み〔頭部、右腕、右脚〕~
マイザーの仮組みいよいよ開始です。
現在組み立てたのは頭部、右腕、右脚。
e0132476_1854176.jpg
パーツ数が多いので、ただでさえ手が遅い私は頭部、片腕に約1時間、片脚に2時間ほどかかりました(笑)
インストを見てもパズル状態でしたが、実際に組んでみてもやっぱりパズル状態!w
徐々にマイザーの形になっていく工程は組んでいてとても楽しいです。

e0132476_20365297.jpg
頭部はご覧のとおりのかっこよさ!まさにハイエンドCGそのものです!!
e0132476_20373460.jpg
ちなみにバイザーのクリアーパーツは付いていません。

今回は第一世代VRであるバイパーⅡとの比較画像をお送りします。



e0132476_2042393.jpg
同系列機であることがよく分かりますね。こうして比べてみると、マイザーのアンテナ先端が太く見えてくる・・・。折れない程度にシャープ化するのがよさそう。
e0132476_20493329.jpg
腕の比較。世代が進むに連れて、とげとげしくなってきてますねw
e0132476_20505946.jpg
拳の大きさはほとんど同じ。バイパーⅡの親指が付いていませんが、どちらもよく出来ています。
e0132476_20522110.jpg
成型のシャープさではハセガワのマイザーの方が上ですが、ハイエンドCGの再現という点では、コトブキヤのバイパーⅡの方がよく出来ているでしょうか。
e0132476_20542250.jpg
脚の比較。脛の長さはほぼ同じですが、マイザーの方が腿が長い分脚が長くなっています。
e0132476_20581764.jpg
バイパー系列は足のヒールが特徴ですね。マイザーではさらに先が尖ってシャープさが増しています。
e0132476_2104544.jpg
どちらも足裏のメカニクルさが素敵。ちなみにマイザーはふくらはぎのモールドが省略されているので、製作時にはディテールアップしてやりたいところです。


ここまでマイザーを組んでみて思ったのは、本当にハセガワの様々なアイデアが詰まっているということ!組んでいて素直に面白いと思えます。
ちなみに、接着剤を使わずに組んでいますが、迂闊に動かすと崩壊しそうなほど繊細です。部分塗装派の方も、強度アップのためにも接着は必須です。

この後はもう片方の腕と脚を組みつつ、武器にも手を出そうかなと。
一番複雑そうな胴体は両手足ができた後のお楽しみです。

組んだものをハイエンドCGと見比べていて、省略されたディテールなどのディテールアップポイントも見つけたので、今後書いていこうかなと思います。
[PR]
by ramu-ru | 2011-01-30 21:13 | マイザー(ハセガワ) | Comments(2)
Commented by まんはた at 2014-02-15 17:33 x
ガンマをスミイレだけで作って満足したあと
デルタを部分塗装+スミイレ+トップコート
で、作ったらすごいかっこよくなった。
あーガンマもそうすりゃよかった。

因みにデルタの制作行程
①バーチャロンカラーで部分塗装
②光沢吹いた
③エナメルフラットブラック作業
④半光沢吹いた
⑤クリアパーツにミラーフィニッシュ張り組み込んだ
⑥イエーイ\(^o^)/
Commented by ramu-ru at 2014-02-16 20:56
コメントありがとうございます。
マイザーは成形色段階で色分けが細かくされているので、部分塗装をして仕上げるだけでもかなりの完成度になりますよね。
現在マイザーの製作は停滞中ですが・・今年中には完成させたいところです。


<< マイザー・デルタ(ハセガワ) ... ハセガワ“マイザー⊿”届いたよ! >>