安曇野と蕎麦
楽しかったはずのGWもとうとう終わってしまいました。
予定ではガラヤカの表面処理を終わらせるはずだったのですが・・・

GW前半戦は家族と日帰りで安曇野へ行ってきました。
以前は毎年夏になると、安曇野のペンションへ泊りで行っていましたが、レオにゃんごろーとコロぴっぴが登場してからは泊りの旅行へは長らく行ってません。1泊なら大丈夫でしょうが、置いていくのもかわいそうですからね。

e0132476_20593069.jpg
『おまかせ』料理。9品目の小盛りのおかずです。
e0132476_2113319.jpg

e0132476_212114.jpg
時季にによって出てくるおかずには変化があるようです。(私は2回ほどしか行ってないので、前回の記憶が曖昧ですが)

e0132476_2132640.jpg
鴨つけ蕎麦。鴨のダシが効いて美味しいんですよね~。
e0132476_214479.jpg
単眼レンズしか持っていかなかったので、端が切れ切れ。立って撮影する勇気はありませんでしたw
ちなみに蕎麦を頂いたところは大梅というお店です。写真には撮りませんでしたが、蕎麦を頼むとサービス品でジャガイモの煮物が出てきます。ゆっくりとできて、味も美味しくおすすめのお気に入りのお店です。

e0132476_219620.jpg
車窓から見えた景色。空気が美味しそう。
e0132476_21102100.jpg
蕎麦を頂いた後はわさび農場へすこし寄って水車を見てきました。
長野へ行くときにはわさび農場へ寄るのがいつものパターン。この日はNHK連続テレビ小説「おひさま」舞台地ということもあってか、よく賑わっていました。
私としては、この日帰ってから見た黒澤明監督の『夢』の「水車のある村」の印象が強くなりました。

「おひさま」も試しに見てみたら面白かったので、今後録画をすることになりそうです。
[PR]
by ramu-ru | 2011-05-07 21:24 | 雑記 | Comments(0)


<< 安曇野日帰り旅行2011春<前編> マイザー・デルタ(ハセガワ) ... >>