第52回静岡ホビーショー(2013)【ハセガワVR 澤田さんへターボ近接編】
お待たせしました。
静岡ホビーショー、ハセガワVOブースレポート最終回は今回も澤田さん編で締めです!

やり取りを走り書きしたメモを頼りに記憶を必死に遡ってお送りしますが、期間がかなり空いてしまったので、あやふやな部分もあるかと思いますがご了承くださいませ・・。

~ホビーショー会場にて~
らむーる(以下○)/(ハセガワVOブースに佇む澤田さんを発見。徐々に接近する。)
あいにく他のVOクラスタの方と話されていたので、目的変更。ガイアノーツVRカラーカタログにそろりと手を伸ばして無事にGET!
○/(第一の目的は達成した。あとは機会を窺って澤田さんへ再度アタックを仕掛けるのみ・・)

・・・数十分後・・・
○/(再度澤田さんに接近す・・)
○/!!!??

○/森さん!!???



○/(森さんと楽しそうに話している澤田さんだと・・!?)
さすがにお二人の中に割って入ることはできないので、ブース横にて待機すること数分。

○/(ハセガワブース横に一人で佇む森さんを確認。接近する!)

~ちょこっと森さん編~
○/こんにちは~。○○です。
森さん/あぁ、なかなか会えないね。
○/2年前のホビーショー以来ですね。

○/VRカタログの書き下ろしCGカッコいいですね~。ハイエンドCG集が欲しいのですが!
森さん/出したくてもね-。誰かが出せと言ってくれないと。(社内で出していいよという声がないとという意味)
○/ところで、イータのパケ絵には期待してます!
森さん/入稿した状態で止まってる。(ホビーショー中に入稿したため、澤田さんもちゃんと確認できておらず、返事待ちだったとのこと)
○/そうえいば、亙さんはイータの原稿無事に入稿したんですかね~w
森さん/それは聞いちゃいけないと思ってる。(後日無事に入稿されたことが亙さんのTwitterで明かされました)

森さん/ハセガワブース裏にて休憩してるから、用があったらそこに来て。


~森さん編終了~

~澤田さん編 ミッションスタート~
e0132476_1011591.jpg
○/ようやくイータ出ますね。これでマイザーの派生機体はコンプリートですが、マイザーシリーズも終わりでしょうか。
澤田さん(以下S氏)/マイザーはのんびりと出していたつもりはないですけど、たて続けには出せませんからねぇ。マイザーは当初の予定ではこれで終わりです。もしかしたらこの先何か出すかもしれないですけど。
○/ファイアフライのような新設定でも大歓迎です!ところで、今回は2Pカラーでのリリースですが、どのように決められたのでしょうか?
S氏/今回はかなり悩みました。周りの意見も聞きながら、やっぱり2Pカラーだろうと。1Pカラーと似てはいますけどねぇ。景清のようにカラーがコレ!と決まった機体もありますが、マイザーは緑出しても・・赤はありますし(薔薇の三姉妹機)。雪の勲だと白いから、他の機体に塗り替えるときのベースカラーになっていいかもしれませんねぇ。
○/雪の勲はいいかもしれないですね!マイザーは開発費回収できたのでしょうか?
S氏/もっと売れてくれないと。
○/景清はハセガワの進化が感じられる、素晴らしいキットでした!売り上げはいかがなんでしょうか?
S氏/景清ももっと売れてほしいですね。色分けをがんばった分、価格には影響してしまいました。
○/個人的にはかなり色分けされているので、もっと価格上がるかと思っていました。そういえば、素組みが展示してありますが、さりげなく肩アーマーの丸ぽち貼り付けてありますね。
e0132476_10384418.jpg
S氏/特にインストで指示はしてませんが、使ってください。
○/フェイ・イェン[ファイナル14スペシャル]ブルー・パニックは昨秋のホビーショーでも出したいと仰ってたので、出ると思っていました。現行のPH/BHはVH同様絶版になるのでしょうか?
S氏/そうですね。BH/PHは元々限定品ですから、なくなったら再生産していくことになると思います。
○/ファイナル14スペシャル ビビッド・シンデレラは売れたんじゃないですか?
S氏/それほど売れてるというわけでも。あまり数を作っていなかったので、なくなりはしましたねぇ。
○/個人的に3Pカラーのデカールが付かなくなったのは残念ですが・・とは言え、もう現行のフェイは持っている人も多いですよね、きっと。
S氏/そうですねぇ。

○/マーズ配信記念キットが来るとは思いませんでした!
e0132476_2135596.jpg
○/テムジン747J/Vとか赤ハッターかななんて思っているのですが。ネットでもいろいろと予測が飛び交ってました。
S氏/そうやっていろいろと声が出る(予測が飛び交う)かなと思って。何かしらスペシャル感のあるアイテムを出そうと思っています。
○/発表は秋のホビーショーでしょうか?フォース配信記念キットのときは2種類出ましたが、今回は?
S氏/秋のホビーショー前には事前情報が出ると思います。今回は1種類の予定ですが、何かこういったこともできるという声があれば考えるかもしれません。
○/ポスターは制作されるのでしょうか?
S氏/作る予定です。
○/7月にフェイ・イェンを出したあとはマーズ配信記念キットになるのでしょうか?
S氏/そうですね。半年に1つくらいのペースで出せればと。あまり間が開きすぎても忘れられちゃいますし。
○/最近は割とコンスタントにキットが出るのでうれしいです。
S氏/さすがにVOばかりやっているわけにもいきませんからねぇ。VO以外のときには別のことをやっています。
○/ところで、イータのパケ絵は止まっていると森さんが仰っていましたが・・。
S氏/ホビーショー中にもらったので、まだハメてみないと分かりません。
○/原稿は・・
S氏/・・・大丈夫です。

○/ボークスからフェイ・イェンknが発表されたので驚きました。担当の方とは話されたことはあるのですか?
S氏/ないですねぇ。誰が担当しているのかも全く知らず、ホビーラウンドで知りました。
○/VRブログでは、共同戦線開始のバナーが残っていますが・・。
S氏/カラバリだけでも補完してくれたらよかったんですけどねぇ。バナーについては、この先動き出してくれたらうれしいですし、消せとも言われていないので、あえて残しています。消してしまうと、またいろいろと憶測が飛び交うでしょうし。

○/バーチャロンカラーは随分と種類が増えましたね。今後はどのような色を出されていくのでしょうか?
e0132476_21565827.jpg
S氏/そうですねぇ、あらかたの色は出そろいました。この先どうしていこうか、こういったものが欲しいという声があれば教えてください。もちろん、新製品に合わせて出してはいきます。
○/今回発売されるターコイズメタリックはメタリックなんですね。
S氏/正確にはメタリックではないですけども。水色は沈みがちな色ですし、今回はこういう表現にしてみました。結構他の色とのマッチングもいいですし、新たに製作される際にはぜひ使ってほしいですね。
○/確かによくマッチしていてカッコいいです!限定で発売されたパール萌葱イエローグリーンはまさにハイエンドCGイメージ通りの色でしたね。
S氏/ハイエンドCGの段階でかなりいろいろな表現がされていますからねぇ。こういった表現ができるのではないかというのを提案させてもらって、出来たのがあの色になります。ガイアノーツさんの技術力があってこそですね。
色については、特に正解はないと思っています。正解と言ってしまうと、制限をしてしまいますから。VRカラーをベースに色を加えてみたりして自由に塗ってほしいですねぇ。

○/澤田さんもオリジナルカラーで作られることはあるのでしょうか?
S氏/本社の製品は完成見本を作ると満足してしまって、オリジナルカラーは作らないですねぇ。代わりに、コトブキヤさんのバイパーⅡやフェイ・イェンknを作っています。
○/過去のホビーショー合同模型展に出されていましたね。
S氏/実は少しイジってます。
○/VOカラーカタログはどれくらい数を用意されたのでしょうか?
S氏/かなり用意しました。今回は一人一部という制限もしてませんし、常識の範囲内でお布施用とかで持っていってもらっても大丈夫ですw
○/わかりましたw それにしても書き下ろしイラストはカッコいいですね!
S氏/今回はA5ポスターです。いつもはA3ですけど。

○/ハセガワさんからテムジン747Jが発売されたのが2004年だったと思うので・・来年はハセガワVOシリーズ10周年にあたりますね!
S氏/マーズが出たのが2003年で、キット化したのが2004年か2005年頃だから・・あまり意識したことはなかったですね。
○/同じシリーズを10年も続けていくことは凄いことだと思うので、もっと大々的にアピールしてください!
当初はここまで長く続くとは思われていましたか?
S氏/当初は5つほど出せれば・・と思っていました。今が・・・1、2、3、
e0132476_22203046.jpg
e0132476_22212690.jpg
4、5、6だから、当初の予定はクリアしたことになりますねぇ。カラバリも含んでいますし。
○/今後もできる限りの応援をさせていただくので、がんばってください!



以上、こんな感じのお話をしてきました。
マーズ配信記念キットはVRブログでも語られている通り、スペシャル感のあるアイテムということで今から楽しみです。
個人的には来年でシリーズ開始10年目ということはものすごく偉大なことだと思うのですが、ひたすら開発に全力を費やしてきた澤田さんをはじめとする開発陣の方々には、あまり意識することのない、一瞬の時の流れだったのかもしれません。
どうかこの先もハセガワのVRシリーズがより長く続いていきますように!!
[PR]
by ramu-ru | 2013-06-09 22:44 | 第52回静岡ホビーショー | Comments(0)


<< 電三號作戦メーカートークショー... 第52回静岡ホビーショー(20... >>