カテゴリ:模型( 10 )
超音波洗浄器 導入!
またしても前回の更新から2週間が経っていました。
今年もいつの間にやら2月に突入、早いよ!

さて、現在のテムジンですが、相変わらず表面処理中です。週末しか作業が進められないことと、発売されてから1ヶ月以上が過ぎ、徐々に製作へのモチベーションが低下しつつあることで余計に製作が進まない・・。
とは言え、ネット上ではテムジンを完成させた人も出てきており、やはり形になった物を見ると良い刺激になりますね。


前置きが長くなりましたが、今回は以前から気になっていた超音波洗浄器を遂に購入したので簡単にご紹介。
e0132476_20261736.jpg
最初はガイアノーツのオンラインショップで販売しているスジボリ堂の物が気になっていたのですが、何分値段がお高い・・。
いろいろ検索していると、市販品でもそこそこの効果がありそう・・ということで、amazonのレビューも割と良さそうなシチズンの超音波洗浄器を購入しました。
e0132476_20261704.jpg
中身はこんな感じ。2つの振動子がついていて左右で別々に洗浄できるそうです。
e0132476_20261742.jpg
#600までペーパー掛けしたテムジンを超音波洗浄器で洗浄してみます。
e0132476_20261759.jpg
今回は洗浄カップに入れ、スイッチを入れて約3分。
ジジジジジジジジジ・・・といういかにもな音が発生します。我が家のねこ様たちは嫌がって逃げるかな?と思いましたが、最初気にしていただけで、意外と関心なさそうでした。
e0132476_20261788.jpg
洗浄した後がこちら。ぶっちゃけ写真だとよく分からないですねw
表面のプラ粉末が落ちて、パーツの形状が分かりやすくなりました。
よく見ると、頭部のバイザーの凹部には粉末が残っているので、超音波洗浄器で洗浄した後の最終確認はしなくてはいけないですね。
これまで1つ1つパーツを手に取り、歯ブラシで磨いていましたが、超音波洗浄器の導入で随分と作業が楽になりそうです。
早く表面処理終わらせる-。

[PR]
by ramu-ru | 2014-02-02 20:55 | 模型 | Comments(0)
電三號作戦メーカートークショーのまとめなど[後編]
前編を書いてから2ヶ月近くも経ってしまいましたが、『電脳戦機バーチャロン』メモリアルイベント『電三號作戦』のうろ覚えまとめ後編です。

音声が聞きづらかったこともあり、後半はかなり内容がうやむやですが・・。



MC:質問が来ておりまして、まずはボークスの村川さん。
MC:昨年秋にVO商品化の報を出して、気になるテムジンの開発状況は。
村川さん:現在、最終段階に入っておりまして、商品版に近い状態です。先日、幕張で行われたホビーイベントでもテストショットを展示しています。まだまだ油断はできない状態なんですが、まあ順調?順調には進んでいますので、ぜひお楽しみいただければ・・
MC:あまり緊張しないでね!w
村川さん:はっきり言って順調ですよ、はい。
MC:気になる発売日と値段は教えていただけるんですか。
村川さん:発売日はですね、2013年内に発売します。価格はですね、4800円(税抜き)で発売させていただきますので、みなさまよろしくお願いいたします。
MC:さらに予約とかするといいことがあるんですか?
村川さん:そうですね、キャンペーンを企画しています。ここでしか手に入らない、購入していただいた皆様に購入特典を用意してございますので。
MC:予約等々の日付は?
村川さん:まだ。今月(9月)28日(土)にそちらでですね、ボークス全店インフォメーションボードがあるんですが、そちらの方で詳しい発表をさせていただきます。ボークスにお越しいただければ。
MC:さらにですね、本日は第2弾のフェイ・イェンの試作原型を持ってきたとか、持ってきてないとか・・ってそこに置いてあるのが!!!
村川さん:初公開です。本日のために持って参りました。第二弾の方も春に発表させていただいて、準備、開発の方は入っておりまして、こちらもテムジンと合わせて発売を待っていただければと。
MC:原型の状態から時間掛かってブラッシュアップを?
村川さん:あくまでこちらは検討モデルなので、ここからはプラモデル化に際していろいろなパーツのすり合わせとか、調整が必要になって時間が掛かります。

MC:こういったトークショーで並ぶと、ある意味ライバルなのかなって思っちゃうんですけど。VO愛。
澤田さん:ライバルには変わらないんでしょうけど。
MC:VO大変だよね、とかっていう話とかも
澤田さん:そうですね、
森さん:自分から見ると澤田くんはぶっちゃけライター時代の後輩。村川くんは、自分以前ボークスの社員でしたので、後輩。二人とも後輩。
MC:もっと和気藹々に!
森さん:自分からしてみるとやりやすい、向こうからしてみるとやり辛いって思ってるんじゃないかな。
MC:結構ざっくばらんに。
村川さん:森さんの監修は厳しい、暖かいお言葉を。
森さん:ちゃんとやらないとね。
MC:VOシリーズはメカじゃないですけど、細かいところまで。
森さん:ハイエンドCGをベースにしてくれているから、できる限りそれを拾ってもらう。
ププラモデルにしたときに、より付加価値をつけられているとか、ハイエンドCGでは適当に作っちゃった部分をうまいこと再現して、ハイエンドCGより出来を上げてもらうとか。ハイエンドCGもプラモデル化に際してブラッシュアップして進化してます。

MC:お互い相乗効果で進化すると。
森さん:テムジン・ラジカルザッパーをやってもらえるってことで、ばれないように調整する。ばれないようにかっこよくするっていう。707のハイエンドCGは昔のとはかなり変えています。
村川さん:でも印象は変わっていないという。

○質問
MC:ドルドレイは宇宙一かっこいいロボットなんです。次はドルドレイですよね。
村川さん:弊社ではドルドレイファンがたくさんおりますので、お客様の熱意次第では不可能ではないかなと。
村川さん:がんばります。

森さん:言い切らないねw
村川さん:企画倒れかなと。がんばります。


MC:ハイエンドCGからプラモデルへ形を起こす際に注意していることは?
澤田さん:開発していく段階でですね、設計の時からここがやばいぞっというのがあればまた直して、変えるようなこともしています。
たとえば、ザッパーもですね、CGのままだと持たせにくいところが。

森さん:ぶっちゃっけ持てない。
澤田さん:いろいろ判明しまして、後ろの部分なんかをですね、寸法をいじったりとかしています。CGのイメージは崩さずにしっかりと立体の形に持って行っています。
森さん:持てないことがわかったので、ハイエンドCGも修正かけました。フィードバックというか、
森さん:ほんとに持てなかったものでw やっぱね、わかんないものですね。


MC:グリスボックやボックスなんかの商品化も望んでいます。
森さん:これは自分よりもというか、二人への無茶ぶりというか、テムジンとかサイファーの人気あるのもだけど、イロモノと呼ばれているものも等しく。バルバドスはかなり気に入ってるので、イケメンっぷりを見てもらいたいんですよ!


トークショーが行われたのは9月だったので、現時点では、ハセガワのテムジン[ラジカル・ザッパー]は発売済み、ボークスのテムジン707-Gは10/27より予約が開始されています。
トークショーで発言があったように、予約特典としてパワーボムが付くのは皆さんすでにご存じかと。

ちなみに、イベントの様子は4Gamer.netでまとめ記事が掲載されています。
森さんと澤田さんが写った会場写真も載ってます・・!
[PR]
by ramu-ru | 2013-11-10 16:13 | 模型 | Comments(0)
電三號作戦メーカートークショーのまとめなど[前編]
毎度ご無沙汰しております。
気がつけば今年も早9月の中頃!来月は全日本模型ホビーショーです。
ハセガワからはテムジン[ラジカル・ザッパー]景清[林]の展示があるでしょうし、今年も10月が待ち遠しくなってきました。

さて、去る9月14日に『電脳戦機バーチャロン』メモリアルイベント『電三號作戦』がニコニコ生放送で開催されました。
私的に一番注目だったのが、セガ×ハセガワ×ボークスのメーカートークショー!
折角なので、トークショーの様子をテキストに起こしてみました。

聞き取りづらくて文面がおかしかったり、誤字脱字があったり、語尾を勝手に変えたりしている部分もあるかと思いますが、きっとこのブログ見てる人はトークショー見てた人がほとんどだと思うので、大丈夫ということにしておこう。


<メーカートークショー>
出演者
セガ:森 康浩さん
ハセガワ:澤田 博史さん
ボークス:村川 勝心さん
MC

森さん:VOワークスグラフィック担当森です。入社以来18年になりますけども、VO担当としてがんばってます。
澤田さん:VO企画担当澤田です。ハセガワのVOシリーズ開発経緯をお話できればと思っています。
村川:商品企画の村川です。本日はサプライズ発表なども用意してきましたので、よろしくお願いします。(とても緊張してた様子)

More
[PR]
by ramu-ru | 2013-09-16 22:42 | 模型 | Comments(0)
電撃!ボークス参戦!!
随分とご無沙汰してます。
いろいろとネタがなかったわけではありませんが、Twitterでのツイートで満足してしまって、ブログの更新が滞っているこの頃です。

8/25、26に幕張メッセにて、キャラホビ2012が開催されていますが、そこでVOファンにとって電撃的な発表がありました!

ボークスがOMG、オラタンのVR立体化に取り組む!!

詳細はOMR公式のワタリさんコラムを読んでもらえばわかりますが、これは大事件ですよ!!

キャラホビ前からワタリさんがVO関連でいいことがあるかもとはTwitterでツイートされていましたが、まさかのボークス参戦とは!

詳細は10/28のホビーラウンドにて発表とのことで、プラモなのか、トイなのか、ガレキなのか・・・発表されるまでの2ヵ月間をもやもやしながら過ごすことになりそうです(笑)



・・・ボークス参戦により、これまでOMG、オラタンVRのプラモ展開を続けていたコトブキヤは、事実上の消滅と捉えてよいのでしょうか。
ベルグドル発売以降、パタリと音沙汰がなくなってしまったので、嫌な予感はしていましたが・・。
尻切れトンボさは否めませんが、コトブキヤが果たした役割も大きいはず・・と前向きに考えて、今後のボークスやハセガワの行く末に期待したいと思います!
[PR]
by ramu-ru | 2012-08-26 13:31 | 模型 | Comments(0)
ハセガワ バーチャロンプラモデルシリーズ開発史(みたいなもの)
5月に入り、静岡ホビーショー開催までいよいよあと10日ほどとなりました!
今年のハセガワブースの(個人的)目玉は、なんといってもバーチャロンプラモデルシリーズの新金型新製品のアイテム発表があるということ!!
無難に景清を予想する人が多いようですが、私としてはエンジェランを希望してます。ほら、フェイとガラヤカと併せて三姉妹並ばせたいですし。

今回はホビーショーへの期待を膨らませつつ、ハセガワのバーチャロンプラモデルシリーズの開発史みたいなのを書いてみました。


~ハセガワ バーチャロンプラモデルシリーズ沿革史(みたいなもの)~
2003.10  第43回全日本模型ホビーショーにて<キャラクターアイテム次回予告コーナー>の案内看板が
掲示される
2004.1   模型雑誌にてハセガワの新作キャラクターアイテムが『電脳戦機バーチャロン マーズ』よりテムジン747Jであることが発表される
2004.5   第43回静岡ホビーショーにて「テムジン747J」の試作が展示される
2004.9   当初の6月下旬発売予定から延期を重ね、「テムジン747J」発売
2004.10  第44回全日本模型ホビーショーにて「テムジン タイプa8 白虹騎士団」が発表される
2004.11  VRシリーズ第2弾「テムジン タイプa8 白虹騎士団」発売
2005.2   「テムジン747J[シャドウ]」発売。限定生産品
2005.6   VRシリーズ第3弾「テムジン747A/c」発売
2005.8   「キャラホビ2005」にて「バーチャロン オプション デカールセット(1)」発売。限定生産1500枚
2006.2   完全新規金型アイテム第2弾、VRシリーズ第4弾「アファームド・ザ・ハッター」発売
2006.4   VRシリーズ第5弾「アファームドTタイプF」発売
2006.7   「アファームドTタイプB」発売。限定生産品
2006.10  第46回全日本模型ホビーショーにて「フェイ・イェン with VH」が発表される
2006.11  完全新規金型アイテム第3弾、VRシリーズ第5弾「フェイ・イェン with VH」発売
2007.5   「フェイ・イェン with BH/PH」発売。限定生産品
2007.11  「フェイ・イェンwith CH」発売
2008.10  第48回全日本模型ホビーショーにて完全新金型アイテム「マイザー・デルタ」のハイエンドCG公開
2009.1   「テムジン747[ファイアフライ]」発売。限定生産品   
2009.5   第48回静岡ホビーショーにて「マイザー・デルタ」の開発停止発表。同時に「ガラヤカ」が開発進行中であることが発表される
2010.2   完全新規金型アイテム第4弾「ガラヤカ」発売
2010.5   第49回静岡ホビーショーにて「マイザー・デルタ」の開発再開が発表される
2010.7   「ガラヤカ[きゅい~ん・ふろむ・ざ・すかい]」発売。限定生産品
2011.1   開発停止期間を経て、完全新規金型アイテム第5弾「マイザー・デルタ」発売
2011.3   「アファームドTタイプD/X」発売。限定生産品
2011.6   「フェイ・イェン with BH/PH+」発売。限定生産品
2011.7   「マイザー・ガンマ」発売・限定生産品
2011.11  「ガラヤカ はんまぁスペシャル[おしおき★パピポン]」発売。限定生産品
2012.5   第51回静岡ホビーショーにて完全新規金型アイテム名発表
2012.6   「マイザー・デルタ Ⅳ タイプR[フェアー・ビアンカ]」発売予定
2012.7   「テムジン747A/c[雪の勲]」発売予定
・・・・and more

表記が統一されてないとか、この時のホビーショーには○○が展示されてたとかあると思います。書いてるうちによく分からなくなってきたので、取りあえずはこんな感じで。
こうして見ると、ハセガワのバーチャロンシリーズも今年で8年目!ずいぶんと長く続くシリーズになりましたが、まだまだキット化されていないVRもあります。今後も9年目、10年目と続けていってもらい、1機でも多くのVRのキット化を願わずにはいられません。
[PR]
by ramu-ru | 2012-05-06 19:14 | 模型 | Comments(0)
ガイアノーツ バーチャロン カラー
随分とご無沙汰しております(滝汗)
遅ればせながら、新年度明け・・・

コホン。早いもので、明日から4月!新年度が始まりますね。
しばらくは忙しい日々が続きそうですが、5月には静岡ホビーショーがあるので、それを楽しみに毎日を乗り切ろうかと思っています。ハセガワのVRシリーズの機体発表もあるでしょうから!

e0132476_18571142.jpg
ガイアノーツは以前もVRピンクとかVRミントグリーンなんていう明らかにバーチャロイド用のカラーを出していましたが、この度カトキハジメ氏の正式許諾を得た公式カラーとして登場するとは!待ってましたー!!
セガから絶大の信頼があるハセガワの澤田氏が監修しているというから、色味に間違いはないかと。
蓋を開けて中身を覗いてみた感じとしては、特にウォームホワイトとフレームメタリックがいい感じ!

マイザーを塗装するときには大活躍しそうですが、いつになるやら(遠い目)
何はともあれ、第1弾以降続々発売予定とのことなので、今後の展開が楽しみです。
[PR]
by ramu-ru | 2012-03-31 19:08 | 模型 | Comments(0)
GSIクレオス【カラー収納 BOX】
気づけば日が落ちるのが早くなり、夜には虫の鳴き声も聞こえて、秋の訪れを感じる今日この頃ですね。
朝晩は涼しくなってきましたし。

さて、ガラヤカのデカール貼りは週末までは大して進めることができないので、今回は先日購入したGSIクレオスのカラー収納BOXをご紹介。
e0132476_21104422.jpg
最近塗料が増えて整理に困っており、何かよさそうなケースはないかな~と探していたところ、まさに求めていたものが出るではありませんか!ってことで早速買ってきました。
組み立て式のダンボール製のBOXですが、組み立て簡単&ガッチリとした作りで好感が持てます。棚用ラベルが付いてくるのもいいですね。
棚もさすが専用に設計されているだけあって気持ちいいくらいぴったしと収納できます。Mr.カラー以外にもガイアノーツの塗料やタミヤエナメルカラーも収納できます。
e0132476_21164416.jpg
収納BOXのおかげで模型棚もすっきり。収納BOX使用前のビフォー写真を撮るのを忘れてしまいましたがw
ちなみに収納BOXはかなり丈夫なので、上に塗料をガンガン積んでもヘッチャラ。取説にも棚は最高3箱まで積めると書いてあるので、相当丈夫でしょう。

塗料の収納に困ってる人にはぜひともおススメの商品です。
[PR]
by ramu-ru | 2011-09-05 21:22 | 模型 | Comments(0)
フォトラで撮ってみた【ロボ編】
前回のフィギュア編から間が空いてしまいましたが、フォトラで撮ってみたロボ編です。
撮影はフィギュア編と同時に行ったので、D90の撮りっぱなしで無調整、無加工です。
e0132476_1983238.jpg
MGダブルオー
1/100の大きさでも隅々まで光が回り込んでるかなと。
e0132476_199814.jpg
ハセガワ テムジン747J&フェイ・イェン VH
何気に初ツーショット。
e0132476_1991265.jpg
背景紙の色のせいか、ハセガワの完成見本風に見えたり。手前に見える帯は自作のVR帯です。フォトラの撮影テストが主だったので、適当に配置しただけ。
e0132476_1992228.jpg
情報量の多いVRに綺麗に光が回り込んでいて、より密度が高まった感じ!
e0132476_1993441.jpg
e0132476_19938100.jpg
ダブルオーを撮ろうと思ったら背後にまたしても巨大デザトリア・・・猫に擬態した!?ELSが!!w
色々なものに興味津々なコロぴっぴです。


フォトラの使用感は最高ですよー!
手軽に設置できて、簡単に綺麗な写真が撮れる。
光の当て方とかこれから研究していかなければ。
折角購入したフォトラが活かして、どんどん写真撮っていこうと思います!
[PR]
by ramu-ru | 2011-07-05 00:35 | 模型 | Comments(0)
〈サテライトツールス〉ダストベース
最低月一更新を心掛けようと思いつつ、気がつけば7月を飛ばして8月も早中旬です。
さて、模型製作において個人的に苦行と感じるのが、ヤスリ掛け!サフ研ぎや中研ぎなども当てはまりますね。
バーチャロイドはツルテカ仕上げを目指しているので、#600から始まり、#800、目標としては#1000まで掛けたいところです。この道のりが長いこと!!
きっと多くの方がヤスリ掛けを苦行だと感じているのではないかと思います。
しかし、ヤスリ掛けを行ってエッジがビシッと出たり、平面がキッチリカッチリ出たりすると気持ちがいいですよね。

今回は、ヤスリ掛けにおいて厄介となる"粉"についてです。
これまで、皿に水を張り、いわゆる水研ぎをしながらヤスリ掛けを行っていたのですが、それでもどうしたってヤスリ掛けによる粉が発生します。この厄介な粉を周りに飛ばさないようにするためにも、ティッシュを敷いて作業をしてましたが、先日模型屋で面白い商品を見つけました。
e0132476_13444967.jpg

サテライトツールスより発売されている『ダストベース』です。サテライトツールスと言えば、タイラーにはお世話になっていますが、こんなものが出ていたとは・・・!
e0132476_13453280.jpg

中身は・・・。どう見たって猫のつめ研ぎ以外の何者でもないですw
e0132476_1346127.jpg

ヤスリ掛けで発生した粉は、ダンボールの隙間から下に落ちていきます。これは便利!!作業中に発生する粉の処理がかなり楽になりました。
構造的には猫のつめ研ぎと同じですので、わざわざ買うのは・・・と躊躇される方は猫のつめ研ぎで十分代用が利くと思います。
ちなみに、中に入っている黄色の台紙は使わないときの蓋になります。
e0132476_11105748.jpg

[PR]
by ramu-ru | 2010-08-17 13:50 | 模型 | Comments(0)
色見
今年も残すところ十日となりました。早いなあ・・・。
年賀状書かなきゃ、大掃除しなきゃ、忘年会やらと年末はやはり忙しくなってきます。
そんなことより!遂にライデン発売まで秒読みですよ!!
いや~、長いようであっという間に発売だなあ。先日いつも利用しているジョーシン内キッズランドにて予約してきました。売れきれることもないと思うけど、予約しておけば安心です。それから、入荷したら連絡くれるそうなので、電話かかってきたらすぐに買いにいけるぞっと。

さて、ライデン発売までに完成させる宣言をしたフェイ・イェンはなんと、いまだに表面処理中だったりします。
これは今年中の完成は絶(ry


ライデンの発売も目前に迫りましたので、今回は塗装について考えてみようと思います。

バーチャロン立体物における塗装表現ですが、ハイエンドCGのイメージからして、光沢塗装がメジャーになっているように思います。私も唯一の完成品のテムジンでは光沢塗装仕上げにしました。
フェイ、ライデンにおいてもやはり光沢塗装をイメージしていますが、よりハイエンドCGに近くなるような表現方法はないかと考えていました。
そんな折、コトブキヤ  バーチャロン公式サイトにて興味深い記事が書かれました。(9/25 『色』についての記事参照)
詳しくはサイトを見ていただくとして、ライデンで言えば基本色の赤色の上から青パールをかけることで、ハイエンドCG風の色見になるということです。

e0132476_18445878.jpg

簡単な図を描いてみました。
ライデン基本色(右)に青パール(左)をかけると、光の加減によって真ん中のような色見が見えるのではないかという予想図です。
青パールはこんな色をしていないですし、実際に塗装を試してみないことには分かりませんが、ライデン塗装の際にはパール塗装に挑戦してみたいと思います。

ちなみにパール粉は粒子が細かいというイリサワのFGパールを想定しています。ジョーシンにてfgパール・スターターセットも買ってあるのでフェイ・イェン塗装の際に試してみる予定です。


■フェイ・イェンVH 【1Pカラー】オレンジピンク色見予想   
e0132476_20165870.jpg

■フェイ・イェンCH 【萌葱白糸折鶴蘭】グリーン色見予想
e0132476_20182773.jpg

■テムジンシリーズ イエロー色見予想
e0132476_2020770.jpg


ライデンと同様、ほかのバーチャロイドでもパール塗装をすると効果的なのではないかと思われる色の予想図です。やはり、実際にテストピースを作ってみないと分かりませんので、やはりフェイ塗装の際に試してみます。
[PR]
by ramu-ru | 2008-12-21 20:26 | 模型 | Comments(0)