タグ:ガラヤカ ( 14 ) タグの人気記事
2011全日本模型ホビーショー【ハセガワ ガラヤカ[おしおき★パピポン]編】
今年も行ってきました、第51回 全日本模型ホビーショー!
気が付けば東京へと毎年足を運ぶようになって早4年。当日は強風のために京葉線が遅延していて会場入りするまでにヘトヘトになりましたが(汗)何とか無事に行ってくることができました。
e0132476_18481382.jpg
もちろんお目当てはハセガワブース!
ガラヤカの完成品をこの目でじっくりと眺めつつ、VOW森氏の描き下ろしポスターも無事に入手できて満足。

今回は11月末発売予定のTG-11-M “ガラヤカ” はんまぁスペシャル [おしおきパピポン]編をお送りします。
e0132476_1851109.jpg
e0132476_1851145.jpg
e0132476_1851169.jpg
e0132476_18511983.jpg
e0132476_18512149.jpg
e0132476_1851242.jpg
e0132476_18513816.jpg
e0132476_18514476.jpg
e0132476_18514753.jpg
いつかは出るだろうと思っていたガラヤカのはんまぁバリエですが、ようやく発売されますね。
氷の勲カラーだけでなく、2Pカラーとの選択式なのがうれしい!共通のアイボリー部分のデカールもちゃんと両カラー分ついてくるようですし。ストックしてあるオレンジガラヤカを2Pカラーで製作しようかな(いつになることやら)。
それにしても、相変わらずハセガワの完成見本レベルの高いこと!!
なんでこんなにキレイに仕上げられるんですかー!!私のVRに対する愛情がまだまだ足りない・・・?

次回は【澤田さんとの対話編+α】をお送りします!
[PR]
by ramu-ru | 2011-10-22 18:59 | 2011全日本模型ホビーショー | Comments(0)
TG-11-M“ガラヤカ ”
去年の夏頃から製作を始め、途中放置期間を経てようやくガラヤカが完成しました!
相変わらず手が遅いですが、これでハセガワ製VRも3機目。
ガラヤカではハイエンドCG独特の質感表現を探るべく、フェイVH同様に一部パール塗装をしました。
一つ一つの部品の小ささゆえ、今回は研ぎ出しはしませんでしたが十分満足な光沢が得られたかなと。
e0132476_22532216.jpg
フォトラで撮影したので、十分なライティングが得られましたが、デフューザー挟んでもよかったかな?
自作のVR帯を使ってパッケージイラストをイメージしてみましたが、光が反射してしまいました。むぅ・・
e0132476_2255541.jpg
e0132476_22551213.jpg
e0132476_22552162.jpg
e0132476_2255298.jpg
e0132476_22553796.jpg
e0132476_22554765.jpg
e0132476_22555547.jpg
e0132476_22561229.jpg
e0132476_22562084.jpg
e0132476_22562663.jpg
e0132476_22563330.jpg

さあ、これでマイザーに本格的に手を付けられる。
完成は・・・1年半後或いは2年後か?(苦笑)

fgにも投稿したので、よろしければご覧ください。
TG-11-M“ガラヤカ ”
http://www.fg-site.net/products/145290
[PR]
by ramu-ru | 2011-10-10 22:59 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 012 ~完成!~
去年から製作を始めたガラヤカですが、遂に完成しましたー!
e0132476_041527.jpg
組み立て時に塗膜が剥がれてしまった箇所がちらほらありますが、こうして組み上がった状態を見るともうおなかいっぱい!
ガラヤカかわいい!

今回は取りあえず完成記念に1枚だけ。
後日撮影環境を整えて、きちんと撮影しますー。
[PR]
by ramu-ru | 2011-10-09 00:44 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 011 ~センサー~
10月に入り、仕事が忙しくなってきて完全に週末モデラーと化しました。
・・・というわけで、9月中のガラヤカの完成は叶わず!

ちまちまとセラミックコンパウンド+コーティングポリマーをかけていますが、組み立て中に塗膜が剥がれてしまった箇所がちらほら・・・orz
組み立てには神経を使いますね。

今回はクリアパーツ化されていないセンサー部についてです。
ソリッド色に塗るのがメジャーかと思いますが、手軽に疑似クリアパーツ化できないかな~ということで、
以前から試そうと思っていたハセガワの「フィニッシュ」シリーズを使ってみました。
e0132476_20385031.jpg
ミラーフィニッシュにクリアグリーンフィニッシュを貼ったものをセンサーに合わせて切って貼ってみました。
キラリと光って良いアクセントにはなったかなと思いますが、疑似クリアパーツ化というより単にホイルシールのような質感ですね。でも満足。

次回はいよいよガラヤカ完成となるか!?
[PR]
by ramu-ru | 2011-10-02 19:25 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 010 ~クリア塗装~
リタッチが終わったので、スーパークリアーⅢを表面の塗装が垂れる寸前までタルタルに吹きました。
今回は中研ぎはしていませんが、かなりのテカテカ具合になりましたよー!

完成形がどうしても見たくなったので、ちょこっとだけ組み立ててみました。
e0132476_844823.jpg
うん、かなりいいんじゃないでしょうか。
あとはスミ入れや装甲裏をつや消しブラックで塗って、ハセガワのセラミックコンパウンドで磨いてからコーティングポリマー塗ったら完成!何とか9月中には完成できる・・・でしょうか。

e0132476_8441052.jpg
バイザーの中身はハセガワのつや消し黒フィニッシュとミラーフィニッシュを貼ってみました。フェイ・イェンはバイザーのクリアパーツ裏に直接貼りましたが、こちらの方が簡単かなと。
つや消し黒フィニッシュはVR製作の際にはかなり重宝するアイテム!今回も随所に使う予定。ちなみに脇から覗くブラック部分には既につや消し黒フィニッシュを貼ってあります。
e0132476_8441481.jpg
Vコンバーターにはゴールドミラーフィニッシュ+ホログラムフィニッシュを重ねたものを貼りはり。
中央のセンターはミラーフィニッシュ+クリアグリーンフィニッシュ。
なんか貼り終わったあとに、ゴールドっぽさが全然ないな~と思ったら、透明ホログラムフィニッシュじゃなくてホログラムフィニッシュを貼っていたというオチ。
まあ、キレイだから結果オーライということで!
[PR]
by ramu-ru | 2011-09-21 20:33 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 009 ~デカール貼り その2~
グッスマの剛力軟化剤のおかげで、なんとかガラヤカのデカール貼り終了。
e0132476_10385478.jpg

e0132476_10395594.jpg
マント前面の楕円部は楕円部分のみデカールをくりぬいて貼ろうと試みたものの、見事にちぎれて砕けたので断念。仕方ないのでストックしてあるガラヤカからデカールを拝借してそのまま貼ってみました・・・が、うまく周りのディテールに馴染ませるのはグッスマソフターを以てしてもかなりの困難を極め、結果ぼろぼろに・・・。要修正!
e0132476_10441072.jpg
とんがり帽子両サイドのタングラム目玉デカールは隙間なく貼るのは難しい・・・ので、やはりリタッチしてやらなければ。

所どころ失敗した箇所もありますが、幸いシャインレッドでリタッチできる箇所ばかりだったので何とかなるかな~。
[PR]
by ramu-ru | 2011-09-11 20:35 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 008 ~デカール貼り その1~
いよいよガラヤカの製作もデカール貼りに突入。
e0132476_20434930.jpg
この週末で半分くらいは貼れたでしょうか。
fgに投稿されたガラヤカを製作された人たちの感想に共通して見られた、“デカールの硬さ”ですが・・・
ほんとに鬼硬い!!
クレオスのマークソフターではまるで役に立たず、先日手に入れたグッドスマイルカンパニーの剛力軟化剤を使ってようやく何とか貼れた・・・という状態です。それでも何か所かデカールが砕けました。。
e0132476_20435515.jpg
頭部は黒い部分もデカールに印刷されていますが、折角ディテールがあるので、切込みを入れて馴染ませた方がいいです。縁はずれて本体色が見えてるので、シャインレッドでリタッチしなければ。
e0132476_20435342.jpg
とんがり帽子のサイド部分のデカールですが・・・グッスマソフターを2、3度塗り重ねてようやく折り込めました。
e0132476_20435037.jpg
上腕もグッスマソフターが大活躍。

ここまでで致命的なミスはありませんが、残りは難易度の高そうなとんがり帽子やポンチョ部のデカールなので、心して取りかからねば・・!
グッスマソフターを使う際の注意点としては、デカールに軟化剤を塗ったあと、くれぐれも慎重にデカールに触れること。私は平筆で押さえるようにしながら馴染ませていきました。一度で馴染まない部分も、2、3度グッスマソフターを塗り、ちょっとずつデカールを軟化させていけば砕けることなく馴染ませることができると思います。
[PR]
by ramu-ru | 2011-09-04 21:02 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 007 ~塗装 その4~
8月最後の一日ですが、ハセガワからビックリな更新がありましたよー!
再販アイテムは予想通りテムジン747Jシャドウでしたが、さりげなくとんでもないネタバレが!!w
ホビーショー情報解禁前に、VRシリーズの新製品情報について言及してあります。何のアイテムがくるのか、もちろん気になりますが(マイザーΗ、薔薇の三姉妹機、ガラヤカ・ハンマー辺りが怪しい)、ハセガワのVRシリーズが今後も継続してくれることが分かっただけでも嬉しい!
9月は新製品アイテムを楽しみに、仕事を乗り切りますよ~。

さて、本題のガラヤカです。
スミ入れ+デカール貼り前の下準備としてスーパークリアーⅢを軽く吹いたり、一部パーツのスミ入れをしたりしました。
写真は撮っていませんが、クリアー掛けしたことでフレームグレーはクリアパープルがほのかににじみ出てきていい感じに仕上がりました。
e0132476_2340379.jpg
わかりにくいですが、指の関節はフェイ・イェンVHのときと同様、黒鉄色で塗り分けました。
e0132476_2341695.jpg
ハセガワの手首パーツはディテール・形状ともに大変素晴らしいので、ちょっと一手間加えるだけでも更に見栄えがよくなるのでおススメです。

いよいよ次回あたりからデカール貼りに突入です!
[PR]
by ramu-ru | 2011-08-31 23:43 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 006 ~塗装 その3~
今日はガラヤカのフレームグレー&バトンの色を塗りました。
e0132476_19471087.jpg
マスキングが必要だったパーツの数々。帽子や背中のグレーは面積小さいから筆塗りでも全然よさそうでした。
e0132476_19471326.jpg
太もも上部はインストだと塗り分け指示がありませんが、パッケージのハイエンドCGだとグレーに見えるので塗っておきました。
e0132476_19471546.jpg
フリフリかぼちゃパンツの股関節パーツですが・・・塗り分け指示通り塗ってみたものの、組み立て後はほとんど見えない気が・・・w
e0132476_19471788.jpg
パンツも塗り分けましたが同じく見えな(ry
e0132476_19471992.jpg
ボムもテカテカ!フレームグレーは昨夏調色しておいたもの。インスト通りの調色だと若干イメージと違ったので(パープルさが足りなかったような気がする)、ガイアノーツのクリアパープルやらMr.カラーの色の源シアンやマゼンタで微調整。あと、FGパールのFGオパールライラックを少量加えました。
ここからクリアーがけすると、クリアカラーがにじみ出てくるかなと予想してます。
e0132476_19472118.jpg
バトンはガイアノーツのスターブライトゴールドを使用。今回はじめて使いましたが、あまりのキレイさに他の物にも塗りたくなってついつい手元にあったマジックのキャップを塗っちゃたり。
ゴールド吹く前の下地としてMr.カラーGXのウィノーブラックを吹いておきました。


これにてガラヤカの塗装終了ーー!!
これからはスミ入れ→デカール貼り→クリアーがけとなります。
あ、スミ入れする前にパール上掛けしたオレンジやメタリックのパーツには軽くクリアーがけしておいた方がいいかも。エナメル塗料がメタリック部分に染み込んでふき取りがうまくいかなくなる場合があるので。
[PR]
by ramu-ru | 2011-08-29 20:15 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)
ガラヤカ(ハセガワ) 005 ~塗装 その2~
8月も残りわずか!今月中には塗装を終えて、9月からはデカール貼りに入るべくがんがん塗装!
今回はデカールが用意されていないレッド部分やブルーグレーを塗装しました。
e0132476_083383.jpg
帽子のツバのマスキング。あまりに面倒すぎて途中イライラ。カーブにできた隙間はマスキングゾルで対応。
e0132476_083523.jpg
靴のレッド部分をマスキング。ここも意外と面倒です。細切りしたマスキングテープを地道に貼り貼り。
e0132476_083813.jpg
ブシューっと塗装を吹いて、マスキングを剥がすと・・・やったー!キレイに塗り分けられてました。
マスキングは面倒だけど、剥がすときのドキドキ感、塗り分けがキレイにいったときの感動は何度体験してもいいものですね。
e0132476_085111.jpg
こちらは胸部のパーツですが、よく見ると・・・イヤー!!マスキングテープの隙間から塗装ががが!!!こんなときには・・・
e0132476_09163.jpg
麺棒にエナメルシンナーを含ませてこすってやります。すると、ご覧のとおりキレイになります!おそらく、塗装が完全には乾燥していないからはみ出した部分の塗装だけエナメルシンナーでもキレイに落ちるのかなと。
塗装がはみ出したときにはかなり焦りますが、落ち着いてエナメルシンナーでこすってみましょう。
e0132476_084892.jpg
ちなみに胸部のパーツは、デカールがあるのですが黒いラインと一体化されていて貼るのが難しく、マスキングして塗装で対応したほうがキレイになる・・という情報をfgで見たので、塗装してみたり。
最初は楕円もマスキングしようと思ったのですが、左右対称にならずに気になったので、まわりのレッドだけにしました。デカールから黒いラインを切り抜いて楕円だけ貼る予定。
e0132476_084663.jpg
帽子の後ろの白いパーツはインストでリタッチが必要とあったので、ついでに塗装しておきました。

残すはフレームグレーのみ!・・・あとバトンもあった。

【今回の反省点】ブルーグレーがインスト通りの調色だと濃すぎる気がしたので、ハイエンドCGを参考にしながら微調整したのですが・・・プラ板に試し吹きして納得して塗ったはずなのに、やっぱり濃すぎたという結果に。まあハセガワの完成見本も結構濃いからいいや!と自分を納得させた。
[PR]
by ramu-ru | 2011-08-27 23:56 | ガラヤカ(ハセガワ) | Comments(0)