パールコート
ライデンが発売して早一週間。部屋の掃除をしたり年賀状作ったりで前回の状態からほとんど進んでません。手が遅いことも一因ですけど。

そういえば今月号のホビージャパンにライデンの作例が載ってますが、ハイエンドCGからリバースコンバートして作られてるだけあってさすがにほとんど手は入っていませんでした。主に後ハメ加工と塗装表現の考察中心の5ページに亘るレビューとなっており、HJ的にもバーチャロン好きなことが窺えます。
このHJのライデンの作例ですが、コトブキヤ公式ブログの森氏の発言を参考に本体赤の上からウェーブのマイクロパウダー ホワイトブルーをコートした塗装表現がされています。
パール塗装は写真ではうまく伝わりにくいことが多いようなので、ライデンでも分かりにくいですが、光の加減によってハイエンドCGのような青みがかったピンク色が見えます。実物はもっとハイエンドCGに近い見え方になっているんじゃないでしょうか。

今回のライデン作例からバーチヤロイドの塗装表現にパールコートは効果的なことが分かりましたので、やはりフェイ・イェンやライデン塗装の際にはパール表現を試してみようと思います。
・・・なるべく早く塗装フェーズにいけるよう頑張ります。
[PR]
by ramu-ru | 2008-12-29 18:56 | OTライデン(コトブキヤ)


<< 2009年はなにが出るかな ライデン《仮組み~#02》 >>